売れるネットショップは運用方法や経営テクニックが違います!

HOME » Eコマースに関する予備知識 » SSLとは

SSLとは

「SSL」という名前は聞き覚えがなくても、URLの「http://」の部分が「https://」になっているウェブサイトはご覧になったことがあるのではないでしょうか?
SSLというのは、個人情報に暗号化を施すことで、インターネット上で安全に送受信できるようにするための通信プロトコルのことで、さきほどの「https://」は、SSLによってしっかり守られたページであることを意味します。

ネットショップを開業したら、たくさんのお客さんとやりとりするようになり、オーナーはそうして得た個人情報を保護する義務を負います。
とくに注文ページや問合せフォームなどについては、個人情報の漏えいを防ぐためにも必ず、SSLを利用するようにしてください。

SSLが導入されている安全なショップと、導入されていないショップのどちらで、お客さんは買い物したいと思うか?言うまでもありませんよね。
SSLというのは単なるセキュリティの技術ではなく、ネットショップにお客さんを呼び込むための「信頼の証」でもあるのです。

SSL暗号化の仕組みを解説

SSL暗号化の仕組みはちょっと複雑なのですが、簡単に言ってしまうと、鍵が2つある宝箱のようなものを想像してみるとわかりやすいかと思います。

SSLには「公開鍵」と「秘密鍵」という2つの鍵が存在するのですが、ネットショップのウェブサーバーはお客さんに対して、空の宝箱と「公開鍵」のみを送ります。
受け取ったお客さんは、空の宝箱に個人情報を入れて、「公開鍵」でロックした上で送り返します。
そして、ネットショップのウェブサーバーは「公開鍵」と、手元に残しておいた「秘密鍵」の両方を使って、その個人情報入りの宝箱を開ける。
これがSSL暗号化の仕組みです。

宝箱を開けるためには「公開鍵」と「秘密鍵」の両方が必要というのが、SSLのキモです。
仮に送受信の最中に、個人情報入りの宝箱と「公開鍵」が盗まれてしまったとしても、「秘密鍵」は無事なので開けられる心配はありません。

導入方法は簡単!

SSLの導入方法は至って簡単で、認証局、具体的にはセコムトラストシステムズやベリサイン社などのホームページにアクセスして、あとは案内に従って申し込むだけ

ただし、ネットショップ構築に際して、レンタルサーバーを利用する場合、サーバーによってSSLを導入できるケースとできないケースがあります。
申込みをする前に、その点についてはあらかじめ確認しておきましょう。

 
ネットショップ開業・経営カイド