売れるネットショップは運用方法や経営テクニックが違います!

HOME » Eコマースに関する予備知識 » ECお役立ちサイト集

ECお役立ちサイト集

ショッピングモールやECプラットフォームを使わず、自社のショッピングサイトを立ち上げるためには、レンタルサーバーが必要になります。
通常のサイトと違い、ショッピングカートは利用できるサーバーとできないサーバーがあるので確認が必要です。

また、商用ですから突然のサーバーダウン、メールの送受信の不具合などへの迅速な対応ができるサーバーでなくてはいけません。
一つの目安としてサポートがしっかりしている会社は、対応も迅速だといえます。また、セキュリティがしっかりしているかどうかも大切です。
レンタルサーバーは、同じようなサービス内容でも価格に非常に開きがあるので適正な価格設定のサーバーを選ぶようにしましょう。

ECサイト向けレンタルサーバー

アイル ホスティングサービス
http://home.isle.ne.jp/
最大手のレンタルサーバーです。特にネットショップ向けのツールが充実していて、コストパフォーマンスも高いのが特徴です。

WADAX(ワダックス)共用サーバー
http://www.wadax.ne.jp/
業界トップレベルのセキュリティで多機能&信頼性が高いです。低価格でネットショップ構築がしやすくサポート体制が充実しています。

ラピッドサイトホスティングサービス
http://www.rapidsite.jp/
世界最大のホスティンググループです。商用利用に最適なツールが豊富に揃っています。

無料で使えるECサイト作成ソフト

自分でECサイトやブログコミュニティを作成する無料のソフトも紹介してみます。

Zen-Cart
http://zen-cart.jp/
ECサイト作成するサーバーインストール型ソフトです。

WordPress
http://ja.wordpress.org/
ブログ型のCMSです。

XOOPS
http://xoopscube.jp/
コミュニティポータルを作成するソフトです。

こういったように数多くのレンタルサーバーや、無料のソフトがあります。できることなら、こういったもので作れればいいのですが、顧客へのアプローチや、お客様が見るページなどあらゆる作業を行うことで専門知識が必要になります。

そういった知識のある人材を雇うか、それとも自分達が思い描くサイトを自分達の手で簡単に作るかで、選ぶ基準が異なってきます。
私なら、自社ブランドのイメージを大切にした、自分の思い描く方法で販売するシステムを活用する、そしてその分人件費は掛けず、より売上を伸ばすことに力を発揮でき、ブランドのイメージ戦略にも携えると思いました。
みなんさんは、どのシステムをお使いになりますか?

 
ネットショップ開業・経営カイド