売れるネットショップは運用方法や経営テクニックが違います!

HOME » 売れるネットショップの経営ノウハウ » Webで売れる商品の見せ方を知る

Webで売れる商品の見せ方を知る

ショッピングサイトで商品を販売する上で、一番望みたいのが、商品を上手くアピールし、着実に売上を伸ばしていくということではないでしょうか。
実店舗でも、その時期やニーズに合った商品を上手く陳列し、売上を作るというのは、当然のことですが、webにおいても同じこと。単に並べておくだけでは売上は作れません。
どうすれは、ネットショップで売れる見せ方ができるのか、まずはショッピングサイトの仕組みから解説したいと思います。

ネット通販の仕組み

ネット通販は、顧客がショッピングサイトを訪れ注文し、運営者に注文が届くというシンプルな仕組みです。
ショッピングサイトは、下記の3つで管理と確認をします。

  1. ショップページ(ホームページ)
  2. ショッピングカート
  3. 運営システム

1)ショップページ(ホームページ)
ショップページ(ホームページ)は、商品ページや特定商取引法に基づく表記、会社概要、注文方法に関するページ、店長ブログなどがあります。
これは、買い物がしたいと思っているユーザから見えるフロント部分になります。

2)ショッピングカート
スーパーなどで使うショッピングカートと同じで、「買い物かご」の機能です。欲しい商品をかごに入れると合計金額が表示され、届け先を入力すると送料が加算されます。
支払方法の選択も可能です。注文が完了すると、顧客と運営者両方にメールが自動で送信されます。また、ここでは、お客様がお届け先の住所や名前、クレジットカート番号を入力する部分なので「SSL」という通信を行います。
「SSL通信」とは、インターネット上で情報を暗号化し、プライバシーに関わるデータを安全に送受信することができる機能のことです。

3)管理システム
ショッピングサイト=お店、のバックヤードです。お店で紹介したい、商品を登録したり、メールの送受信、納品書・発送伝票の印刷をしたりします。IDとパスワードでログインし、管理画面から操作します。 

ショッピングカートや管理システムは、プログラミングが分らないと作れないので「ショッピングサイトを作る」というのは、ショップページ(ホームページ)を作るということを意味します。
ページのデザインは、テンプレートを利用するか、専門家にお任せが安心。しかし日々の更新作業は、運営者がしなければなりませんからちょっとした商品説明の書き方や撮影のコツを紹介したいと思います。 

商品はキャッチと写真で売る!

商品説明の書き方のコツ
1)商品名にはキャッチコピーや説明をプラスする
チーズケーキだけより、濃厚チーズケーキのほうが美味しそうに感じませんか?ちょっとしたコピーをプラスすることで、より商品イメージが具体的になり「欲しい!」という気持ちを後押し購買につながります。
<例>
●ファー付きフードが可愛い/ミリタリーコート
●ミリタリーコート(モッズコートタイプフード付)

2)具体的に簡潔に言い切る
一瞬で理解してもらうために、ダラダラとあいまいにならないように、かつインパクトのあるものにします。
<例>
●ギャップを利用する…女の子っぽさ満点!ミリタリーコート
●問いかけて疑問をもたせる…今秋流行の甘辛MIXって!?

商品写真の撮り方
洋服やアクセサリーは商品の素材感や質感がとても大切です。実際に手にとって見ている感覚で細部まで何カットか撮影するようにしましょう。

1)露出調整と照明で光をコントロールする
露出機能で明るさを調整したり、商品を照らす光の方向に注意します。アルミ箔や白い紙で光を反射させるだけでも随分違うので、商品がキレイに見えるように光をコントロールします。

2)撮ったら必ず加工する
近頃のデジカメは、高解像度です。ホームページ用には大きすぎる(重すぎる)ので最適なサイズになるよう、写真の大きさを調整したり、バランスが良くなるよう周りをカットします。色味の補正や赤目の補正などもしましょう。

 
ネットショップ開業・経営カイド