売れるネットショップは運用方法や経営テクニックが違います!

HOME » 売れるネットショップの経営ノウハウ » ECサイト構築システムを利用する

ECサイト構築システムを利用する

少額の費用で、専門的な知識がなくてもショッピングサイトが始められる、というと以前までは、ショッピングモールしかありませんでした。
最近は独自ドメインの自社サイトとしても本格的なECサイトを立ち上げることができるECプラットフォームというショッピングサイト構築システムがあります。

2つある通販システムの種類

通販システムには、パケージソフトとレンタルショッピングカートの2つの種類があります。
それぞれの特長を紹介していきます。

【パッケージソフト】

ネットショップの開業や運営システムをパッケージ化したものです。
パソコンのソフトを販売しているお店やインターネットで購入できます。
ショップページを自動で生成したりする機能や、ショッピングカート機能、受注管理機能を搭載しているパッケージソフトなら、ショップページの作成から運営までを簡単に行うことができ、ます。

ネットショップを立ち上げる際に、レンタルサーバーを契約し、そのサーバー内に独自ドメインを取得した上で、ネットショップを公開します。
※パッケージソフトによっては、ショピングカート機能や受注管理機能などがないものがありますので、購入する前に機能や対応できる環境などを確認するようにしてください。

【レンタルショッピングカート】

レンタルショッピングカートとは、ショッピングカートと受注管理システムを、ASPサービスとして提供されているものです。
ネットショップのページはパッケージソフトの場合と同様にレンタルサーバーを契約して、そこに独自ドメインを取得した上で、ネットショップを公開します。
つまり、レンタルショッピングカートとは、カート画面以降の受注システムを借りる…ということです。

一般的にはショップページの作成機能は提供されません。
ホームページ作成ソフトなどで商品ページを作成し、商品をカートへ入れるためのHTMLのタグを貼り付けることによって、ショップページとショッピングカートを連動させるという仕組みです。

ちなみに受注情報はASPサービス会社のシステムの中で管理されます。

また、ショップと一体型になっているレンタルショッピングカートシステムもあります。
これは、パッケージソフトのショップ生成機能とレンタルショッピングカートの受注管理機能という、良いところを2つ兼ね備えたもので、大変便利なシステムです。
さらには、独自ドメインやレンタルサーバー、決済システムの利用などを無料でサービスされているものまであります。

初めてネットショップを開業される方は、このショップと一体型になっているショッピングカートを選ぶといいでしょう。
通販サイトの移行を検討されている方は、ショップと一体型になっているショッピングカートでも、より機能性の高いものを選ぶことをオススメします。

このサイトでは、売れるショッピングサイトを経営するためのシステム比較をしていますので、そちらも参考にしてください。

ネットショップシステム比較はこちら

 

ネットショップ開業システムを使った通販サイト開店までの流れ

ネットショップシステムを使ったショッピングサイトを開店するには、どのくらいの期間がかかるのか?私が開設したECサイトを例に説明します。

  1. 14日間、無料でシステムを試します。
    最近では、いきなり「導入して!」というところが少なくなり、最初に試してみてから…というシステムが増えました。
  2. 無料で体験した上で、利用するサービス内容を選択します。
    選択したサービス内容に応じた料金を入金し、翌営業日以降からサービスを利用できるようになります。、
  3. ドメインとSSLを設定します。手続きについては、サポートしてもらいました。
  4. システムを使ってWEBサイトを立ち上げたり、電子カタログを制作したり、自由に使えるようになります。
    テンプレートがあるので、必要事項を入力するだけで、あっという間にショッピングサイトが完成しました。
 
ネットショップ開業・経営カイド