売れるネットショップは運用方法や経営テクニックが違います!

HOME » ネットショップの開業方法 » アクセスを増やす方法を検討

アクセスを増やす方法を検討

商材、仕入れ先、ネット環境、ホームページなどすべての準備が整ったら、晴れてネットショップのオープンとなります。
とは言っても、ただオープンしただけではお客さんは集まってくれません。
そこでここでは、ネットショップに集客するための方法について紹介したいと思います。

ネットショップへのアクセスを増やすには

より多くのお客さんを集めるためには、まずはネットショップの認知度を高める必要があります。
そこで有効になってくるのが、SEO対策です。
SEO対策をしっかりと行うことで、お店のホームページが検索サイトの検索結果画面の上位にランクされるようになり、お客さんの目に留まる確率も格段に増します。

ただし、検索サイトの検索結果というのは常に変動します。
なので、たとえ上位にランクされたとしても油断は禁物で、絶えず手を打ち続ける必要があります。

そのためにアクセス解析を行います。
技術的な説明は割愛しますが、アクセス解析を行うことで、ネットショップの訪問人数、訪問経路、滞在時間などを把握できるようになります。
こうした情報を踏まえてサイトを定期的に改善することで、お客さんにとってより魅力的なネットショップへと進化させていくことができます。

実店舗をイメージしていただければわかりやすいかと思いますが、より根本的な集客方法として、人通りの多いところにお店を出店するという方法があります。
通常のネットショップというのは、いわば街中にある個人商店。インターネット上のショッピングモールに出店すれば、街中でぽつんと営業するよりも多くのお客さんの目に触れる機会が増えます。

ネットショップを宣伝する

SEO対策やショッピングモールへの出店によって、お客さんの目に触れる機会は増えますが、それ以上に大事なのは、訪れたお客さんに商品を買ってもらい、あわよくばリピーターになってもらうことです。
そのためには、お店の魅力を積極的にアピールする必要があります。

ネットショップの宣伝方法として、まずはブログがあります。
新着商品の情報や季節ごとのセール情報など、お客さんに興味を持ってもらえる情報を発信することで、ネットショップの集客効果は高まることでしょう。
そしてブログ以上に大きな効果が期待できるのがメルマガです。
ブログは不特定多数の人を対象にした画一的な情報しか発信できませんが、メルマガなら、読者に合わせて内容を変えることができ、よりピンポイントにお店や商品の魅力を訴求することができます。

 
ネットショップ開業・経営カイド